ひな人形

作家・商品のご紹介

ひな人形について

作家

  • 写真
    京人形司19代目 平安光義

    天正元年(1573年)より連綿と受け継がれた四百有余の伝統と技。有識の京人形司としての技は、一子相伝。天正絵屋権右衛門が禁裏御抱えの有識司として参内を許されて以来、格調気品、そして手技を重んじる作風は、代々当主へと受け継がれている。

  • 写真
    大橋弌峰

    京人形伝統工芸士。京雛の名匠、初代大橋弌峰を父にもつ。一子相伝の技は、京雛の伝統をみごとに継承し、気品ある華やかさで心を惹きつける魅力があります。

  • 写真
    安藤桂甫

    京人形士。平成13年に我が国最高水準の技能を卓越した技術者のみに与えられる「現代の名工」として表彰される。
    現在までの五十五年以上を人形制作一筋に今日に至る。熟練された製法による華麗にして繊細な作品は、京雛の代表作として賞賛されています。

  • 写真
    清水久遊

    女性ならではの繊細な色彩感覚と斬新なアイデアで業界のリーダー的存在となる。
    女流作家ならではの繊細な感性と現代のモダンを融合させた清楚な雛人形を積極的に創り続けている。
    雛人形工芸士に認定されている。

  • 写真
    小出松寿

    母、小出愛に師事し、教えを受ける。幅広く人形制作に取り組み、日本人形協会節句人形工芸士展に於いて「優秀賞」を受賞する。

  • 写真
    平安寿峰

    京人形士。京都西陣織帯を初めて衣装に使用するなど斬新かつ華麗な作品を精力的に発表に、着実な地位と支持を得る。
    昭和60年、御皇室高円宮家に創作人形を献上し「御嘉納之栄」の称号を賜る。

商品

親王飾り

場所を選ばず、コンパクトにかつ簡単に飾りつけられます。
間口60cmから135cmまで、様々な種類をご用意しております。

  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

段飾り

7段・5段・3段と多種多様な段飾りをお選び頂けます。

  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

収納飾り

飾り台が収納箱を兼ねているため、簡単に飾りつけられ、また収納も簡単です。

  • 写真

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

木目込人形

桐塑(桐の粉)を固めて作った胴体に溝をつくり、そこに裂地を埋め込んで作ります。
また愛らしい手書きのお顔が特徴です。

石川潤平
  • 写真
  • 写真
  • 写真
真多呂人形
  • 写真
  • 写真
  • 写真
柿沼東光
  • 写真
  • 写真
  • 写真
原孝洲
  • 写真
  • 写真
  • 写真
一秀
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※鈴木健一・大里彩・喜久恵など多数の作家作品を取り揃えております。

ご家族みなさまお誘いあわせの上、お気軽にご来店ください。 心よりお待ちしております。 アクセスはこちら

ページトップ